FC2ブログ
2019/12/31

日記・今年で400回目のブログ投稿の裏側で

2019年も今日が最後の日となりました。
なぜか今年は心身の調子も良く、ブログは一日も休まず日に複数投稿もあり今日が400回目となりました。

これも投稿に支障のあるような病気に見舞われることがなく続けることが出来ましたが、私のブログは2017年の12月から始めたようになっておりますが、一部の方はご存じのように、もっと早くから初めておりましたが2017年の初夏頃から体調が悪くなり、担当医から「不定愁訴」の病名を付けられました。

これは鬱病と同じような病で、高齢者の場合は色々な理由や原因があるため「不定愁訴」の病名がつけられることが多いようです。

2017年8月1日頃は迷走台風が上陸する直線で、当時は自室からトイレまでの7mほどを歩くのが大変で、人生は終わったと思いブログもグラウンド・ゴルフも退会してしまいました。

その後は、二週間に一度ぐらいは快調になり運転して散髪に行けたかと思うと、翌日からはルーフバルコニーを一周することが難しいほどになり、その落差に耐え兼ね『もし死ぬことが出来るのなら死んだほうがどれだけ楽になるか・・・』と追い詰められたものですが、神経の病はそれほど辛いのです。

[

その後は、薬の服用や散歩や友人たちの助けがあり徐々に良くなり、その年の12月の初めにグラウンド・ゴルフをやっているグラウンドへ出かけたら、皆から「一緒にやろう」の声がかかり、道具は車に乗せてあったので参加すると今までの気分がどこかに吹っ飛んでしまい、徐々に体力も回復し昨年の春ごろからは今までの辛さが嘘のような気持になりました。

なぜ病に罹ったかと考えても難しいことですが、おそらく病に罹った半年前には妻は特養へ入所させましたが、在宅介護等の疲れが一度に出たのかも知れないし、一種の「介護ロス」に陥ったのかも知れません。

実は本日のブログは昨日の続きと思ってください。
今後も老々介護や親の介護が増すことは確実でしょう。
しかし、あまり力を入れすぎると我が身が病に罹ってしまわないように注意して頂きたいと思います。
力を入れるところと抜くところを上手くやることが肝心で、必要以上にやらないで力も抜き適当なバランスが必要かと思います。

「毎日ブログを投稿して苦痛ではないのかって・・・」
いえ、これが私の息抜きかも知れないのです。

「来年はどうするって・・・」
そうですね。皆勤賞は無理でも出来るだけ多く出没する予定ですが、週休6日になるかも知れません。(笑)

来年はマンションの班長の係が廻ってくるし、離れていたグラウンド・ゴルフの役員も復帰しないといけないので忙しくなりそうです。

今年は多くの皆さんに訪問して頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



2019/12/30

介護・難しい接し方

妻が入所している特養(ユニット型個室・10名)で、この2ケ月ほどで4人の入所者が亡くなられました。
二人の方は胃瘻を取り付けており言葉も発することもなく、施設と病院でそれぞれ旅たたれました。

私と同じ年齢ぐらいの男性の方は、2年前に入所時には何処が悪いかと思われるほどでしたが、今年の春に骨折し入院して11月に亡くなられたそうです。
もう一人の方は3年以上の入所で施設の食べ物は薄味のため、以前から「不味い、不味い」が口癖で、最近は点滴を受けてみえましたが11月に病院で生涯を終えられました。

10名の部屋の人が2ケ月ぐらいの間で4人も亡くなられることは珍しいようですが、介護士も表面的には動揺することもなく事務的に対応されており、特養という世界では当たり前のことかも知れません。

妻も治る病でもなく期待することは出来ませんが、最後まで希望を持ち続けるように接しておりますが、3年前に入所しましたが今では3人目の古参になりました。
面会中は話を聞き気心配し気にかけたりしますが、施設を一歩出ればいつまでも想い悩んでも仕方なく、気分を一新して帰途の車に乗るようにしています。

実は、これらは明日のブログに繋がることなのです。
2019/12/29

日記・来年はどんな年に?

今年は「桜を見る会」や「IRの政治の堕落」など、政治問題が特徴だった年ともいわれ「レンポーさん」もあり、官僚の忖度もマックスとなりました。

中央政治だけでなく地方政治の議員の不祥事も目立つ年でもありました。
郵政問題もあり裏社会で暗躍する団体かと疑うほどの問題で、相変わらず年寄りを狙った事件が表面化しました。

車の暴走と高齢者の交通事故も目立ち「上級国民」の言葉も生まれましたが、教師が同僚をいじめ子供を虐待による死亡させてしまう事件も目立ちました。
芸能界も闇営業問題や麻薬等の問題もあり、スポーツ業界の悪態も相変わらず目立つ年でもありました。

今年は悪いことの連続で最も恐ろしいのは自然災害で、台風や大地震の前兆と思われる揺れが続き、京大のある教授によると周期的に計算すると2020年に関東大地震が発生すと主張する人もいますが、来年はどんな年になるのでしょうか。
2019/12/28

日記・カジノ体験

カジノ関係で国会議員が逮捕されたり、議員事務所が家宅捜査を受けている議員もおり、「冬の桜が」が咲くのでしょうか。

ところで30年ほど前に友人と韓国に旅行した際に、「勉強」のつもりで案内人にカジノへ連れて行ってもらいました。
記憶では丘の上にあるホテルで外国人専用のカジノ場だったと思います。

カジノには色々な遊ぶことができ、トランプ系、サイコロ系など多種多様な方法がありカジノ内は不夜城のような派手な装飾の造りになっておりました。
私たちはお金を使いすぎることを警戒し5,000円から10,000円ぐらいしか持参しなかったと思います。

色々な遊び方がある中で、大まかなルーレットの内容を紹介します。

ルーレット台です。

g

チップといって予めお金と交換しておきます。

s-yjimage[3]

ディラーという人が小さなボールをルーレット台に投げ、予めチップを賭けた場所にボールが止まると賭けた同じチップが貰え、外れたら没収です。
一回ごとに勝つと少しのチップをディラーに謝礼として渡します。
同行者で最終的に買ったものは一人もおらず、飲み物は無料のためたらふく飲んで宿泊ホテルへ帰りました。

u

簡単な遊びですがディラーは自分の思った数字の場所にボールを止める事ができると言われており、ほとんどの人は負けることになっており自制心が効かない人は借金してもゲームを続け、ディラーは上得意には勝たせる場合もあるようです。

カジノの収益は数千億と言われておりますが、最終的には貧困層から金を収奪する仕組みになっており、自制心が効かないと精神疾患者も出るというデメリットを含んでいることは間違いありません。
魔術師のようにルーレットを扱うデイラーに勝てるわけがありません。
2019/12/27

日記・車のパンク

一昨日のこと、

いつものようにグラウンド・ゴルフのため駐車場に入ると、何となく車の調子がおかしいことに気が付きました。
車を止めてタイヤを見ると前輪左側がパンクしており、ゲームが終わってから車を買った販売店に連絡したら何と水曜日が定休日であることに気が付きました。

仕方なく車両保険を契約している会社に連絡すると色々な質問をされ、レッカー会社を手配するから、近くでタイヤ交換してくれる店を調べるよう依頼がありました。

いちばん近くても3Km先のA店で電話すると車に適合するタイヤの在庫があることが分かり、保険会社に連絡した結果、40分後に駐車場に到着する回答があり、再度A店に連絡しました。

パンクした車がレッカー車に乗せられましたが、助手席が空席でも法律で私を乗せることができないらしく、徒歩で近道を見つけながらA店まで3kmの道を歩きましたが大変でした。
なお、レッカー代は保険適用です。


;

パンクは直ったものの色々調べてみると販売店より少々高いような気がしましたが、名の通ったチェーン店なので諦めざるを得ませんでした。
販売店ならタイヤを持参して現場まで来て修理してくれますが、休日だったため体力的にも金銭的にもアンラッキーな一日でした。
2019/12/26

大規模修繕工事・竣工式と今後(完)

長い修繕工事がようやく終わり竣工式を迎えることになりました。

g

j

前回の工事は消費税の5%から値上げされる直前に終了しましたが、次回の大規模修繕工事は3年後の2022年に予定されています。
その頃はオリンピックで使用した不要の解体工事も終わり、建築業関係も暇になるころで発注側としては好都合の時期になるはずです。

3年後なら私も間違って生きているかも知れないので、お手並み拝見となるでしょう。

]]

今でも修繕工事の写真が、約70枚展示してありますので、画像はこのパネルから撮影しました。

その次の大規模修繕工事は19年後の2038年のため、遠い所から拝見するしかありません。
問題は、この時期の工事には50万円ほど工事資金がショートする計算です。

入居後、1円の管理費や修繕積立金の値上げが不要でしたが、この時に初めて予算問題に遭遇するため、もう少し前から対応するのかどうかは現在の40-50代の人たちが考えなければならない問題でしょう。
2019/12/25

大規模修繕工事・清掃方法

工事前まではコンクリート仕上げの共用廊下のため、ホウキ等で履くしか方法がありませんでしたが、共用廊下も階段もビニール系の仕上げになったことで清掃方法をかん考える必要に迫られました。

まず、一般的な床洗い機でバッテリーを内蔵し、洗剤を撒き回転ブラシで汚れを取り最後は汚れた水を機内に吸い取るという機械を購入しました。


t

しかし、清掃の方が使っているうちに消火栓のバルブから異形バルブを使い、最後はモーターを使って細いノズルに水圧をかけ床の流れを流すという機械を考案し、主に使っておりますが中々調子が良く床が見綺麗な状態を維持しています。


市販の洗浄機もありますが水圧が物足らなく、モーターで必要な加圧により洗浄能力を強めているようです。
なお、洗浄水は消火栓を利用しており、使用しないと錆びた水が溜まらなくなっています。


u
共用廊下床面

y
手作りの加圧洗浄機
2019/12/24

大規模修繕工事・コインランドリーを設置したかった

大規模修繕工事中は建物の周囲に足場を建て、安全確保のために足場にシートを張り付けます。

当然にベランダ側にも張られるため、洗濯しても日陰になり乾燥に支障を来すため、工事会社側が3台の乾燥機を無料で貸してくれました。

工事

乾燥機の休みがないほど多くの居住者が使用しフル回転の状態でした。

そこで私は工事終了後に乾燥機の置かれた場所に、コインランドリー機器を置くことを考え修繕委員会に提案しました。
多くの委員は賛成しましたが、クリーニング店を営業している委員が良い態度を示さなかったので諦めました。

おそらくアンケートを集約すれば賛成が多いと分かっておりましたが、修繕委員会の団結を尊重し工事終了後の管理組合の理事会に任せることにしましたが、誰からの発案がなかったのか現在も設置が見送られています。

布団を車で運んでコインランドリーへ持ち込みよりは、飲料水の自販機の方法で設置すれば街のクリーニングより安価で手軽に使用できると思っておりましたが残念な事です。

2019/12/23

日記・滑稽な「レジ袋有料化」

来年の7月ごろからレジ袋が有料になるようですが、すでにスーパーによってはレジ袋を要求すると2円ぐらい加算され有料化は実施されているところもあります。

環境省はレジ袋の有料化を「東京五輪までには間に合わせたい」ようで、海外に環境に取り組んでいるとアピールしたいだけのようです。
プラスチック類を集めても日本ではリサイクル費が高額になるため、中国や東南アジアへ輸出してきましたが昨年頃から中国も日本からの輸入をやめる傾向になり、プラスチック類の行方が問題になっているそえです。

o
海外のプラゴミ

私の住む市では10月頃に「ごみゼロ」運動があってマンション住民も協力しておりますが、一番多いプラスチックごみのレジ袋は皆無でペットボトルが最も多く、外国に良い顔をしたいレジ袋の有料化は滑稽なことと言わざるを得ません。

「小さなことからコツコツと」のようにストローを非プラスチックに変えるとかの問題もありますが、今さらプラスチック類を使わない生活は考えられず、埋め立て処分も難しくダイオキシン等が出ない焼却が現実的な方法ではないかと思います。

話は少し横道にそれまずが、一昔前に森林を守る名目で「マイ箸」が流行ったことがありますが、今日では一言も聞かれません。
箸は住宅用建材をカットした端材で作られるため、むしろ割りばしを使うほうが森林の保護に役立っていることが分かったからです。
今回のレジ袋有料化も「マイ箸」と同じように、「木を見て森を見ず」の結果になるでしょう。

k
「マイ箸」ブームは何処へ行った?

「レジ袋の有料化」などは役所の考える其の場しのぎの方針で、かといって便利なプラスチック類を使わないようにもすることは不可能で、その処理を行うことを真剣に行うことが賢明でしょう。
2019/12/22

日記・間食の相手

私は常に間食をとることはありませんが、場合によっては何か口に入れたいと思う時があります。

以前から調剤薬局で売られていた次のような物(栄養機能食品)に興味があり、スーパーでも売られていたので買ってみました。
一袋で500円前後ではなかったかと思います。

s-DSCF0663.jpg

s-DSCF0662.jpg

バニラ味のカルシウムと、ココア味の鉄分で、決して菓子のような甘さも美味しさもありませんが、不味くて口に入らない物てもありません。
通院の度に調剤薬局の店頭にもあったので、身体に悪いものではないと思います。