FC2ブログ
2019/04/30

日記・「平成最後の・・・」


平成も今日で終わりのようです。

昭和の天皇には戦争責任を指摘する人も少なくありませんでしたが、現天皇は特に沖縄に寄り添われ皇室の見方も大きく変わった時代だったかも知れません。
特に「平成が戦争のない時代であったこしは・・・」の言葉は、声が震えていたことは印象的でした。

テレビでは聞き呆れるほど「平成最後の・・・」でしたが、明日からは「令和最初の・・・」になるのでしょうか。

日本国中が「最初で最後の10連休」と騒いでおりますが、実際は3割の人しか10連休がとれず、時間給や日給の人は連休は死活問題と訴えているようで、政府野暮なことをしたものです。
我々は365連休で、来年は一日休みが増え366連休になるんですが嬉しくもありません。

果たして「令和」はどんな時代になるのでしょうか?
建設業はオリンピック特需も終わり、景気全体に下り坂の感がします。
それと、数年来続いている大きな台風の襲来や、火山の爆発や大地震のない安定した日々になることを願いたいものです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019/04/29

日記・自慢話②


連休とは関係ありませんが二回目の自慢話です。

以前、「R社」のカテゴリで論文のボケタ画像を掲載しましたが、タンスの奥にしまってあるのを見つけました。


s-DSCF00481.jpg

s-DSCF00492.jpg

s-DSCF00473.jpg

また、論文の他に「アイコン」(アイディアコンテスト)もあり、本社表彰の分も併せて掲載します。

s-DSCF00465.jpg

s-DSCF00454.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/04/28

日記・自慢話①


連休とは関係ありませんが自慢話です。

私は現役中の多くの期間はビルの管理業務に就いており、次のような資格を取得しましたが、特に●は諸官庁への資格者の届け出が必要になります。

●建築物環境衛生管理技術者免状
◎警備員指導教育責任者資格証
◎第一種電気工事士免状
◎電気工事士免状
●高圧ガス製造保安責任者免状(第三種冷凍機械)
◎第一種消防設備点検資格者免
◎第二種消防設備点検資格者免状
◎消防設備者免状(乙種1.2.3.4類)
●危険物取扱者免状(4類)
●ボイラ技師(一級)
●防火管理者
◎ボイラ整備師
◎管理業務主任者(マンション関係)
◎他にも数種類ありすが「無線従事者免許証(電話級アマチャ無線技士)」は持っていても開局したことはありません。

s-DSCF0067.jpg

s-DSCF0077.jpg

s-DSCF0068.jpg

届け出が必要な資格のお陰で、大きな顔をしていることが出来ました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/04/27

日記・「魔の10日間」の始まり


いよいよ今日から「魔の10日間」の始まりです。

このうち、5日間は恒例のグラウンド・ゴルフで過ごせますが、遊びに行かなくてもけっこう忙しいのです。

年末には大掃除はやらないので、毎年、GWに行うことにしており用具も準備しているのです。
マンションを買ったときはリビングと和室以外は敷物が標準仕様ですが、事前に3室の個室もフローリング仕様にしたので、ワックス塗布も大変です。

s-DSCF0072.jpg
左から蒸気を噴出する掃除機・ワックス・ワックス塗布機

掃除の他にはポットに野菜を植えたり、1月分からの医療費をパソコンへへ入力する作業もあります。

他にWin7を街の修理店へWin10への変更とハードディスクの交換を依頼してあり、間もなく帰宅する予定のため、メモリーが8RAMのため最近買った4RMからの引っ越し作業があります。
ハードディスクの寿命は1万時間ぐらいらしく、調べて貰ったら1.2万時間にもなっており、「エイ、ヤー」の気合で変えて貰うことにしました。

また、この時期を利用して終末の希望や遺言書や、死亡後に残った者に対する色々な問題の対応について見直すことにしています。
これから10日間は、家に居ても外出しても魔の日が始まります。

なお、ラインなどで「旅行に行きます」は泥棒に不在の情報を提供し、GWは彼らの絶好の稼ぎ時らしく最悪の「魔の10日間」になるので注意してください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/04/26

日記・OB会のバス旅行


この間、愛知県蒲郡市(がまごうりし)方面へ行ってきました。

半世紀以上の付き合いのあるOB会の旅行で、20名ぐらいの参加者でしたが会員は数十名の組織です。

以前は一泊旅行を行ってきましたが、昨今は日帰りでも体力に自信のない人も増え、超高齢化のため日帰り旅行も今回が最後かも知れません。

途中で真言宗の「無量寺」に寄りましたが、この寺は「がん封じ」で有名な寺らしく、1,000枚以上の絵馬が掛けてありました。

s-DSCF0051.jpg

1,000年の歴史があるそうで昔は「災いを封じる寺」だったのが、時代にのり「がん封じ」となったと思われますが、「がんが治る」では違反になるため、微妙な言い回しなのでしょう。

「がん封じ祈願」を受けると3,000円のようですが、神仏と縁のない私なら祈願を受けるより「がん検診」にお金を使います。
でも、僧侶の説教では「タバコは駄目、野菜を多く摂る、海藻類やゴマは良い」など、まともな話には納得できました。

この寺の庭には天然記念物のクスノ木があり、中は人が入れるほどの空洞があっても倒れない大木の生命力の強さを感じました。

s-DSCF0057.jpg

ホテルの食事は期待していたほどではなく、帰りには鮮魚センターに立ち寄っと帰ってきました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2019/04/25

日記・ハイヒールのルーツは?


「ねえ、ねえ、皆んな、ハイヒールは何のために踵が高いの?」

「ハイヒールを履くと美しく見えるとか、姿勢が良くなるとか言ってハイヒールのルーツを知らないなんて・・・」

s-yjimage[3]

ハイヒールはフランスが発祥の地と言われておりヨーロッパは石積みの建築が多く、道路も敷石になっている所が多いようです。

しかし、ヨーロッパでは建物内にトイレを造る習慣がなく、一日の汚物は箱の中に入れて置き翌朝に窓から外へ放り出したそうで、道路は黄金だらけになり普通の靴では歩けないので、カカトの高いハイヒールが用いられるようになったそうです。(所説ありますが)

神戸の異人館に行くと、汚物を入れておく箱を見たことがあります。

汚物つながりで<、某便器メーカーでは「雲子」という業界用語を使うそうです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/04/24

日記・我が家は天ぷら禁止令


世界遺産である、フランスのノートルダム大聖堂の大火災は世界的にショックを与えました。

火災は何も無くなってしまう恐ろしい出来事ですが、家でもマンションの家に引っ越しする前に住んでいた戸建て住宅で、妻が天ぷらをしながら長電話で離れていたので、火が天井に燃え移り大騒ぎになったことがあります。
それ以来、我が家では天ぷらは禁止でスーパーで買い温めて食べています。

当日の夕刊には火災のことより、消防車が来た時に横転し田へ転落し隊員が怪我をして入院した記事の方が大きく掲載されました。
当日の夕方に菓子類を買って見舞いに行きました。

昔から火災と自動車保険は「全労災」に加入しており、検査員は建物の損傷だけ調べ用紙を渡してくれ「掃除から故障した物があったら書き出してください」と言って帰りましたが、結果的にはテレビを始め新しい物に変わり「火事太り」した記憶があります。

時代劇の火災現場を観ていると、「トビ」を持った「め組」が駆けてゆく場面がありますが、当時の消防ポンプは数メートルしか放水できないため、風下の家を壊して延焼を食い止める「破壊消火」が主流だったと言われております。

s-hikeshi3_m[1]

これは「除去法」と言い、放水の消火は「冷却法」、「窒息法」はアルコールを消すには蓋をするように、一定規模以上の屋内駐車場には泡により火を包み込む事は「窒息法」と言われています。

乾燥期は過ぎましたが、火災の発生には気を付けたいと思います。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/04/23

日記・交通事故、高血圧も原因かも?


悲惨な交通事故が多く発生しています。

事故により若い生命が絶たれるのは辛いことですし、加害者側も大きな代償を支払わなければなりません。

大都市は公共交通網が発達しており車は不要でも、我々の住む田舎では車なしの生活は考えられず、車がなくなれば「引っ込み老人」として暮らすことになります。

事故の発生原因は認知機能の低下と言われておりますが、若い人もコンビニへ突っ込んだりする事故を起こしたりしており、必ずしも認知機能だけとは限らないと思われます。

実は私も65歳前後に車への接触や壁に擦ったり、マンションでは隣の駐車スペースに止めたりすることが多々ありました。

その後の病院での診察で持病が最悪状態で、血圧が異常に高くなっており正常な状態でハンドルを握っていないことが判明し、色々な降圧剤を服用しても正常な血圧になることはありませんでしたが、2-3年後には自分に合う降圧剤が見つかり現在は安定しております。

今は冬の期間は毎日服用し、現在は血圧を測定し隔日ぐらいに夏は飲まなくても安定しており、運転前には血圧測定を必ず行うことにしています。

また高齢者は「血圧サージ」といって、朝などに急に血圧が高くなる恐れがあるそうですが、徐々に暖かくなってきたので懸念は少なくなったかもしれません。

事故は認知機能を始め高血圧や低血圧、そして低血糖なども考えられるため、お互いに注意しましょう


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/04/22

日記・6階建てのマンションってあるの?


全国には大小のマンションがありますが、皆さんは6階建てのマンション(又はビル)を見たことはありますか?

多分、少ないと思います。

というのは、エレベータの設置不要は5階建てまでで、6階以上になるとエレベータの設置が必要のため、6階建ては維持費が高くなるため効率的には5階にするか、もっと高くするかの何れかになります。
但し、自治体の条例で6階までは、エレベータ不要の建物があるかも知れません。

なお、介護施設や高齢者専用住宅は、3階以上はエレベータの設置が必要です。

もし救急車を呼びマンションの上階から病人をストレッチャーで運んだり、棺桶を移動する場合は約2m前後の奥行きが必要になりますが、トランク付きエレベータがあるはずです。

当マンションは4台のエレベータがありますが、2台はトランク付きエレベータで、エレベータとトランクと玄関の鍵は消防署にも預けているため、時間外に管理員が対応する必要はありません。


s-DSCF0040.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/04/21

日記・日本一高いマンションは?


日本一高いマンションは、大阪の「ザ・キタハマ」のようで約209mあるそうですが、2022年には東京で大阪を上回る超高層マンションが登場するそうです。

建物の延べ床面積は土地面積によっと決められ、商業地は延べ床面積が1,300%まで建てられるので、広い土地があれば高い建物の建設も可能になるわけです。

逆に第一種住居地域は200㎡で土地の所有者は、延べ床面積は50%のため延べ床面積は100㎡の家しか建てられませんが、いわゆる高級住宅地域でしょう。

多くの郊外地域の延べ床面積は200%で、当マンションはL字型の工場跡地にL字型の建物が建っており、約12,000㎡の土地に延べ床面積は200%まで建てられるので24,000㎡ですが共用廊下やベランダは除かれています。(幅が2m未満のため)

建物には31m規制というものがあり、原則として31m以上のマンションやビルに火災が発生しても消防用はしご車が届かないため、スプリンクラーを設備したり発電機でも動くエレベータの設置が義務付けられております。

なぜ31mかというと昔は尺貫法を採用していたので、100尺ということで30.3mを切り上げて31mになったのです。

多くの土地に建物を造る場合は「日陰規制」がありますが、商業地域や工業地域は除外されているため、高い建物の影響で太陽が当たらないと言っても無理なのです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村