FC2ブログ
2019/01/31

日記・1月も今日で終わりですが


この間まで正月の騒ぎがあったと思っていたら、1月も今日で終わりですが今月は31回目の投稿、つまり一日も「休暇」を取りませんでした。
正式には一昨年の12月からブログを再開しましたが、休んだのは7日前後ではなかったかと思いますが、「働き過ぎ」で「働き方改革」に抵触するかも知れません。(笑)

私が何のためにブログを続けているかというと「自分のため」で、書くためにはネット検索して色々調べる必要もあり、認知機能対応といっても良いでしょう。
昔の事を書くために昔の記憶を呼び起こすことにも有効ですし、古老の拙い経験が何かのお役にたてばと思っています。

「ブログ村」の同世代のカテゴリーに登録しておりますが、ランキングやポイントがどのように付けられるかも興味がなく、「ポッチ」もありません。

投稿する以上は皆さんに見て頂くことになるので、文章は長すぎず短すぎず、字の大きさ、長くても5行以下で改行し、全体で長くても25行前後にするなど、自分流にこだわっていますが、あとから読み返すと誤字・脱字や意味が通じない個所もあり恥ずかしい思いをしています。

今後は『有給休暇』を取るかも知れませんが、出来るだけ出勤する予定です。(笑)



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019/01/30

日記・景気拡大はほんとうか?


政府は、第2次安倍政権が発足した2012年12月に始まった景気拡大が今月で6年2カ月と戦後最長を更新した可能性が高いとの認識を確認したと発表しました。

昔は、「政府はダラシなくても日本の官僚はしっかりしている」と言われた時代がありましたが、今は政府の堕落以上に官僚組織は腐りきっていると言わざるを得ません。

最近だけでも「モリカケ問題」に始まり、「中央省庁の障害者雇用水増し問題」、「統計の不正」と、それらを調査する題を特別監察委員会に身内の幹部が参加していた事などきりがありません。

景気の拡大もアベのミクスも、官僚の不正が基礎となっており、政府発表も疑問府がつき「アホのミクス」と言い換えた方が良いようです。

元々、C国が発表する統計の発表を信じる人は多くなかったようですが、今では日本が発表する数字も信用することは出来なくなりました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/01/29

日記・「大河ドラマ・いだてん」を切る


今年の「大河ドラマ・いだてん 東京オリンピック物語」が、まったく面白くないと思っていたら第1話の視聴率が15.5%で、第2話は12%、第3話にいたっては11.6%の右肩下がりのようです。(関東地区のビデオリサーチ調べ)

私の感じでは誰が主役で、何を訴えたいのか理解できません。
いだてん・金栗四三(中村勘九郎)が主役のはずが、嘉納治五郎(役所広司)だったり、古今亭志ん生(ビートたけし)の物語になったりして、視聴率の右肩下がりが解ります。

特にビートたけしの滑舌が悪く、お笑い番組なら気にもなりませんが、本物の落語家を起用すべきではなかったかと思いますし、回想シーンなら話が戻ることはあっても、編集の間違いではないかと思うほどです。

また、ストーリーがごちゃごちゃで、時代の切り替えの描き方に難があり、時系列が理解できない事など兎に角解りづらいドラマにいつまで我慢して観るかが問題です。

個人的には、一昨年の「おんな城主直虎」も期待外れで、昨年の「西郷どん」は良かったと思っていますが、普通のドラマではなくNHKの伝統のある「大河ドラマ」として観るため期待感が異なるのかも知れません。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2019/01/28

健康・インフルエンザ発病か?

インフルエンザが猛威を振るい、厚労省の発表では25日現在で542万人の患者となり、週に50万にも増えているそうです。

私も先週の始めから鼻水が止まらず、一日でテイッシュがゴミ箱一杯になるほどでも熱は高くて36度で、もしかしたらインフルエンザに罹ったことも懸念しました。

毎年、鼻風邪は3回は罹りますが、通院や風邪薬を飲んだことは私の記憶では40年以上はありませんが、予防注射をしたとはいえ今年のインフルの流行は異常のようで、少々心配になりました。

鼻水は4日ほど続き、その後は黄色い痰が出るようになったので、いつもの鼻風邪と解り現在は回復傾向にあります。

風邪やインフルの予防としては色々な方法があるようですが、私は予防注射と室内の加湿ぐらいでマスクは寒さ対策として用い、外出先から帰っても簡単に手を洗うだけで指の隅々まで丁寧に洗い、手を顔につけない等を行っても周囲は菌だらけで、あまり効果はないと考えられます。

最近は抗菌グッズも増えているようですが、逆に子供の頃から汚れた環境で育て、菌に対する免疫力をつけることも必要ではないかと思います。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/01/27

昔物語・昔も今も中身が異なる「ブラック学校」


うつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員が、ここ10年間に5,000人を前後していることを聞き驚いています。

勤務時間内ではこなせない「仕事量の多さ」、どうしても増える「土日の持ち帰り仕事」の他に、東京都町田市の都立高校の教師が生徒を殴る動画が問題になり、生徒たちのストーリーに沿った出来事であったことに再び驚きを感じました。

しかも、子供が校則違反のピアスをしていたにも関わらず、校長は子供の校則違反はなかったと弁明したことに三度も驚きました。

いかなる場合でも殴ることはあってはならない事ですが、現在の教師は「ブラック学校」に勤めており、うつ病になる理由が理解できるような気がします。

私は終戦後の、まだ世の中が安定していない時に小学校に入りましたが、正式な教員資格を持つ人は2名の女性教師のみで、男性は除隊した「代用教員」ばかりで気が荒く、チョークや黒板消しが飛んでくるのは日常茶飯で、殴れなかった生徒は居なかったはずで、現在とは異なる「ブラック学校」だったのです。

こんな方法は良いとは言いませんが、それなりに目上の教師には一目置いていたものですが、現在のように多くの教師が精神疾患に罹る現状では教師自身は当然で、教わる生徒たちの将来にも不安が生じます。

本来は家庭指導が第一問題かと思われますが、親自身がモンスターになっているようでは、これからも病む教師が増えるかも知れません。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2019/01/26

日記・『後妻業』より儲かる詐欺


昔、大竹しのぶが「後妻業の女」という映画の主役をやり、最近になって木村佳乃主演の「後妻業」ドラマが始まったようです。

高齢者の遺産を狙って後妻になり、死後は財産をたっぷり頂くというコメディですが、犯罪実際に起こった事件もストリーに入っているようです。

今から20年以上も前の事でしたが、『後妻業』より100%の遺産を引き継げる『養子・養女業』を知ったことがあります。

例えば、彼らの最初の名字が「佐藤」で数年後に「加藤」になり、次に「伊藤」に変わった人がいたのです。

つまり、奥さんが看護師をやっており入院中で身内が居ない財産がある老人を探し親切にして親交を深め、加藤氏の養子・養女になり、死後は全財産を相続したのです。
その何年後家には「伊藤」に名字が変わっており、同じ手口で遺産を手にしたようです。

彼らは相続した遺産で立派な家を建てましたが、間もなくしたて主人は亡くなり、風の噂によると残った奥さんは金使いの荒い人で、自宅は売却し北陸の工事現場の賄いをやっていると聞いたことがあります。

まさに『悪銭身につかず』でしょうか。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2019/01/25

日記・犯人と誤認?

普通の外出時は野球帽とUVカットサングラスを付けます。

昨日の朝の気温は普通でも風が強かったため、ニット帽を被り耳まで覆いマスクをかけてグラウンド・ゴルフに出かけました。


s-DSCF9822.jpg


グラウンドに着いたら「あんた、誰だった?」と疑われる始末でした。
そして、「帰りには銀行によると、犯人に見られ警察に通報されるぞ」と笑われました。

寒さ対策も楽ではありません。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2019/01/24

日記・「ピアノ売ってチョーダイ!」

「ピアノ売ってチョーダイ!」のCMは20年前後も続いており、財津一郎氏も来月で85歳のため、65歳前後のままの顔つきのままという事になります。

s-31-1[1]

財津氏は熊本の名家の生まれで当初は俳優をめざし、その後、吉本新喜劇に入り「てなもんや三度笠」のお笑い番組で藤田まこと、白木みのるに継いでの役で浪人役だったことを覚えています。

この番組の結果、「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」や、「非ッ常にキビシ〜ッ!!」、「許して…チョーダイ!!」などの台詞を真似て流行ったものです。

「ピアノ売ってチョウダイ!」のCMは、赤ちゃんが好きな440ヘルツのため、CMが始まると泣き止むとも言われております。
バックダンサーの4人の美女も50歳前後で、時代の流れを感じさせます。

なお、タケモトピアノは年に25,000台の中古ピアノを5万円前後で買い、修理して国内外で販売し年商50億円とも言われておりますが、コメントを確認すると「思ったより高く売れた」の反面、「見積もりを依頼したら古いピアノで売れず、逆に見積もり料を請求された」とあります。

いずれにしても、消えゆくCMが多い世の中で、20年以上も続いていることは驚きです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/01/23

日記・特殊詐欺対策

警察庁が『特殊詐欺対策』について発表しました。

警察庁サイト

昨年の1月から11月までに特殊詐欺の発生が15,000件、被害総額は318億円ですが実際はもっと多いかと思います。

被害者の多くは高齢者で、老後のためにせっせと貯めたお金を窃盗行為は許されないと同時に、我々も自衛が必要かと思います。

まず、家族構成や固定電話番号やネットのメールアドレス、そして、NTTの光回線を使用している情報は全て漏れており売買されていると思った方が良いと思います。
例えば「オレオレ詐欺」は娘さんより、息子さんのいる家族の被害が多いことを考えれば納得できます。

また、自宅へ掛ってくる「光コラボ」からの電話は、家が光回線を使用している前程で会話を始めることは、関係者が小遣い稼ぎに名簿屋に売っていると思った方が良いと思っており、情報が漏れる事を防ぐ方法はないと考えた方が賢明です。

被害に遭わない対策は警察庁のHPを読んでいただくとして、私は次のように考えております。

被害に遭う第一歩は固定電話への通話で、親戚や知人の電話番号と名前を登録しておけば受電した場合は「○○さんから電話です」と音声で知らせるので安心して受話器を取れますが、登録していない電話はベルが鳴るだけのため身構えて受話器を取るとか無視することもあり、「非通知」はベルが2回鳴ったら切れるようにセットしてあります。

なお、ナンバーディスプレーの表示の電話機の表示は、NTT等の電話会社への申込みと若干の費用が発生します。



s-DSCF9806.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2019/01/22

日記・レーダー音公開・韓国は崩壊するのか?


防衛省は、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、哨戒機内で記録した電波信号の音をレーダー照射の証拠として公開し、韓国との交渉は打ち切ると発表しました。

音は連続音で明確に自衛隊機に照射を行い続けたもので、国の実態のないような国とは話し合いをする必要はなく、久しぶりの政府の方針を支持したいと思います。

日曜の夜の某BS放送局が韓国の実状について放送をしておりましたが、私たちの知らない実態が多くありました。

韓国はサムスン、ヒュンダイ、ロッテなどの10大財閥が経済の80%前後を握り、大学生は財閥企業へ入社すれば勝ち組のため、試験に失敗すると自殺や逆に30歳ぐらいまで挑戦し続ける人も多いようです。

現政権は一般企業で働く人のために最低賃金を底上げしたら、中小零細企業は人件費の高騰により維持することが困難になり、廃業で労働者が解雇されたり消費も落ち込む結果になり不景気が加速し、若い人の失業率は10%以上にもなっているそうです。

テレビの映像は日本の戦後のバラックより酷い家に住んでいる先には、高層マンションが並ぶ光景を映し想像以上に貧富の格差を感じました。
OECDの資料によると、日本の高齢者の貧困率は19.0%に対し、韓国は49.6%で日本にも高齢者問題はありますが韓国の実態はひどいようです。

『韓国人に生まれなくてよかった』という“挑発的”なタイトルの著書で話題になった武藤正敏・元駐韓大使の説明によると、韓国人は日本の文化や食べ物には好意的でも、政治については反日者が多いそうです。

その理由は、政権が変わるたびに裁判官やマスコミの幹部まで大統領の意図する人に取り替えることが当たり前で、新聞も事実を伝える事よりトップの方針である「反日」の記事を書き続け、国民も洗脳されてしまっていると説明があり共産国家も顔負けの実態には驚かされました。

昨年から「韓国経済の崩壊説」が韓国研究者から出ており、その理由として文在寅大統領は骨の髄まで「親北朝鮮」「反米」「反日」で、今年になり予想もしなかったレザー照射問題が発生し、各国が制裁があれば崩壊は北朝鮮より早いとも言われております。

また、韓国も少子高齢化が進み、若者も自国の財閥企業に就職できなければ、外国へ渡り就職したい人達が増えていることも韓国経済に影響を与えており、文在寅大統領の政策・方針が裏目の結果となり、2022年5月の退任後は恒例の『栄誉賞』を受けるのか、それとも任期前に前大統領のように『特別功労賞』の対象になるのでしょうか?


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村