FC2ブログ
2018/11/30

介護・介護老人保健施設(老健)について


特養は看取りまで入所できるのに対し、介護老人保健施設(老健)とは、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設です。

病院と自宅の中間的な役割があるため、在宅復帰を前提としたリハビリが中心となります。入所可能な期間は3カ月~1年程度ですが、特養への入所待ちの要介護者も利用されているようです。

◎入居条件・費用
介護老人保健施設に入居するための条件は、65歳以上で要介護1以上の認定を受けている
介護老人保健施設は、公的な介護施設なので、入居金などの初期費用はかかりません。しかし、食費や居住費などの月額費用として、約9万~15万円かかるそうです。(金額は全て参考程度にしてください)

◎看取り
リハビリ施設で帰宅する事を前提としているため、原則として看取りは行いません。

◎メリット
作業療法士や理学療法士が指導する本格的なリハビリによって日常生活への回復を目指すことができるだけでなく、医療体制が充実しているため、緊急時に専門家による迅速な対応を受けられます。
入所期間に、自宅で介護をしやすいように家族が家をリフォームすることもできますので、在宅介護の準備期間として活用する場合もあるようです。

◎デメリット
3カ月ごとに行われる判定で「退所できる」と判断された場合、継続して住み続けることはできません。
また、入所期間中はリハビリが中心の生活となるため、個人の自由時間は少なく、イベントやレクリエーションなどもほとんどありません。

理由は解りませんが、入所中は医療保険の適用を受けられないため、薬代も介護老人保健施設の負担となります。
それゆえ、高価な薬を服用している希望者の入居を断られるというケースが発生することもあるようです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2018/11/29

介護・特養について②



妻が入所している特養の他に「通所リハビリ」「ショートステイ」「養護老人ホーム」(養護)と、別棟に「グループホーム」があり、総勢200名前後が利用できる介護施設です。

昭和の中頃に地元出身の篤志家が多額のお金を寄付し、運営は知り合いの寺に依頼し寺は昔の養老院(現在の養護老人ホーム)を建設し、今から15年ほど前に特養を含む建物が完成しました。

建物の周囲は田畑ばかりで、施設等は投資する資金が少なくするために不便(安価)な土地を取得し、運営ノウハウが豊富な事、一定以上の規模が有利と言われておりますが、どこの事業所でも困っているように介護士の不足により倒産する施設もあるようです。

面会は一定の時間内なら「面会票」を書くだけで、風邪や伝染する疾病のある人は遠慮しなければなりません。
外出や宿泊もできますが歩行が出来ないと難しいので、車イスごと乗れる福祉車両を購入しました。
なお、福祉車両も車イス等の介護関係の物の消費税は不要です。

居室にテレビの持ち込みは可能ですが、大きさにより電気使用料が必要で、昨年の暮れから寝返りが出来なくなり褥瘡(※床ずれ)ができたので、自動的に寝返りが出来るエアーマットも購入し、座高や幅が調整できる車イスも購入しましたが意外な支出が必要でした。

病気の場合は特養内の診察室で契約先の医師の診断や、施設の車で病院へ送迎されますが、白内障に罹った場合はどうなるのか解りません。
病気が進行する前に妻の白内障手術を行ったことは、非常にラッキーだったと思います。

以前にも書きましたが80歳代になれば白内障内は100%罹るため、少しでも白内障内の場合は施設に入居するだけでなく、一日も早い手術をしておくことをお勧めします。
なお、両眼を同じ月内にすると、しないとでは費用が異なります。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2018/11/28

介護・特養について①



特別養護老人ホーム(特養)に入所できる人は、原則として要介護3以上の認定を受けた高齢者で、一応、申込み順の入所になっておりますが、認知症や知的障害・精神障害等、日常生活に支障をきたすような症状・行動や、家族等による深刻な虐待や家族による支援が期待できない場合は優先的に入所することが可能になるようです。

なお、入所決定権は施設側にあり、検討会議には施設長・生活相談員・介護職員・看護職員・介護支援専門員、及び施設職員以外の複数名の第三者等で構成することになっておりますが例外はあるでしょう。

部屋の状況やサービス方法は施設ごとに異なると思いますが、妻が入所している特養は次のようになっています。

以前の特養は病室のようなタイプでしたが、2001年以降に建設された施設は「ユニット型」と言い、10人の個室でベッド、トイレ、洗面所が各部屋にあります。
南側に5室、北側に5室がワンユニットで、中央には広間があり食事をしたりテレビを観たりする団らんのスペースとなっています。

3ユニットが一つのグループになっており、介護士はそれぞれのユニットごとに担当が決まっていても、朝のラジオ体操や配膳夜間勤務も三つのユニットが協力して行うようになっております。

入所人数により介護士、看護師、医師等の人数が定められていますが、看護師の夜間勤務はなく、医師も提携する病院へ委託されております。

居室は間口3m×奥行5.5mの16.5㎡あり基準の13.5 ㎡より少し広く、通常の物のクリーニングは施設側が行い、他にも診察室や理髪室や売店、喫茶室もあり、定期的に外部の契約者が来所して業務を行われます。

特養は入居一時金・保証金等は必要なく、月額利用料は一般的には10~15万円前後が相場と言われておりますが、本人の収入、家族の地方税の状況や、ユニット型か昔の大部屋タイプ等の色々な条件により異なりますが、公的な施設のため費用がリーズナブルな点が強みで、その分人気が高く待機者が多いと言えます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2018/11/27

介護・介護保険を利用する負担割合



介護保険を利用する場合は、収入により1割から3割まで異なります。

▼3割負担の人
・合計所得金額が220万円以上であり、
年金収入+その他合計所得金額=340万円以上(単身世帯)
年金収入+その他合計所得金額=463万円以上(夫婦世帯)
・単身で年金収入のみの場合は344万円以上に相当

▼2割負担の人
・合計所得金額が160万円以上であり、
年金収入+その他合計所得金額=280万円以上(単身世帯)
年金収入+その他合計所得金額=346万円以上(夫婦世帯)
・単身で年金収入のみの場合は280万円以上に相当

▼1割負担の人
上記に当てはまらない人

この点については詳しくありませんが、施設へ入所の場合は「地方税」の有無により補助がことなるため、親子が同じ世帯に住んでいる場合は「世帯分離」をすると負担が少なくなる場合があり、詳しいことは役所やケアマネにお問合せください。

なお、夫婦でも「世帯分離」は出来ますが(出来ないという見解もある)、入居者が分離しても地方税が不要ならメリットがあると思います。

「世帯分離」はメリットだけでなくデメリットもありますので、市役所等で調べて家から実施してください。


昨日の介護度の調査項目のサイトを見つけましたが、現在も使用されているかどうか不明と、「第1群」から「判定」までを調査してコンピュータにかける項目は凄い項目になります。参考までに、


介護度の調査項目


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村



2018/11/26

介護・要支援や要介護とは


色々な手続きや審査後に、介護度の結果が送付されてきます。
介護度により利用できる施設や利用料が異なりますが、介護度の内容はおよそ次の通りです。

◎要支援1
居室の掃除や身のまわりの世話に一部に手助けが必要で、排泄や食事はほとんど自分で行える。

◎要支援2
居室の掃除などの身のまわりの世話に一部の手助けが必要で、歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。
排泄や食事はほとんど自分で行える。

◎要介護1
身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話に何らかの介助を必要とし、歩行や移動の動作に何らかの支えを必要とすることがあるが、排泄や食事はほとんど自分で行える。

◎要介護2
身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話の全般に何らかの介助を必要とする。
歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とし、排泄や食事に何らかの介助を必要とすることがある。

◎要介護3
歩行や移動の動作が自分でできないことがあり、排泄が自分一人で出来ない。
いくつかの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

◎要介護4
身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話がほとんどできないし、歩行や移動が自分ひとりではできなく、一人での泄がほとんどできない。
多くの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

◎要介護5
身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話ができないし、歩行や両足での立位保持などの移動の動作ができない。
排泄や食事ができないし、多くの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2018/11/25

介護・介護度の決め方



介護費用は40歳以上が納入する介護保険料や公的資金で運営され、65歳になると「介護保険被保険者証」が送付されます。

次に介護等のサービスを利用する場合は、市町村の高齢福祉課や地域包括支援センターで、「要介護認定」の相談や申請を行います。
各書類が渡されますが、「要介護」が認められると判断される場合は、ケアマネージャー(介護支援専門員)通称「ケアマネ」を選ぶように依頼されます。

ケアマネは、要介護認定を受けた人が適切な介護サービスを利用するために、「介護サービス計画書(ケアプラン)」を作成し、市町村や実際に介護サービスを提供する事業者との連絡や調整を日々行い、利用者の介護サービス全体をマネジメントしてくれる重要な役目をして頂く専門者です。

窓口で突然に言われても迷ってしまいますが、つれ添いや親が「そろそろ」と判断した場合は、日頃からケアマネを利用している友人・知人から評判の良い人を聞いておくと良いでしょう。

私も妻が要介護状態になった時に、地域包括支援センターの担当者から言われ困りましたが、数か月前に同じマンションに住む方が、「色々探したが○○事業所にした」と話されたことを思い出し依頼することにしましたが、最後は特養へ入所できる手配もして頂き、良い事業所の人を選んだことに間違いはありませんでした。
なお、施設等に入所すると当該施設のケアマネが担当になります。

窓口で渡される書類には、心身の状況に対して専門医の診断書が必要で、その後、役所から依頼を受けた調査員が自宅訪問し何十項目に対し質問し調査を行いますが、高齢者は見得を張り自分は健康をアピールした結果、介護度認定が低くなる場合があるので家族が立ち会うと良いでしょう。

そして、調査内容や医師の診断結果等をコンピュータで判定して、最後は認定審査会が要介護状態を決めます。

判定は次のように決められます。
 ●非該当
 ●要支援1・2
 ●要介護1から5

なお、要支援や要介護者がサービスを受ける場合は、介護度や収入や同居者の地方税等により利用料金が異なります。
また、介護保険を利用する場合は、必ず「マイナンバーカード」が必要になります。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2018/11/24

介護・老人ホームや介護施設とは



介護関係は間口が広く覚える事は困難ですが、何れ世話になるかも知れないし、中高年になると親御さんの問題として避けて通ることが出来ません。
そこで、簡単に介護関係等について、私が知っている範囲を述べてみたいと思います。

まず、介護施設や老人ホーム等を大きく分けると次のようになります。

≪公的施設≫ 
※社会福祉法人組織で、非営利、非課税で監督官庁の許可が必要

◎特別養護老人ホーム(特養)
◎介護老人保健施設(老健)
◎介護療養型医療施設(療養病床)
◎軽度老人ホーム(ケアハウス)
◎養護老人ホーム(養護)


≪民間施設≫
※会社、医療法人等が運営する施設

◎介護付有料老人ホーム
◎住宅型有料老人ホーム
◎健康型有料老人ホーム
◎サービス付高齢者向け住宅(サ高住)
◎グループホーム
◎通所介護(デイサービス)

◎在宅介護


次回から関連事項や施設の内容についてアップしますが、素人なので間違っていたらすみません。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


2018/11/23

日記・なりすましメール?



昨日、私のガラパゴスにAmazonを名乗った変なメールが送信されてきました。

s-DSCF9668.jpg

s-DSCF9667.jpg

普通のメールなら左から『メニュー』『決定』『返信』と表示されますが、このメールは『閉じる』だけの表示で、もし、『閉じる』を押したら危ない方向に誘導されることを懸念し、撮影後に削除しました。

頭に「登録料金の未・・・」とし、本文は「スキャン機能・・・」となっており、全く意味不明な内容のため海外から送られた「なりすましメール」と考えられます。

皆さんもご注意してください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2018/11/22

日記・黒ニンニク熟成中



18日から「黒ニンニク」を作るため、炊飯器の「保温」を利用して熟成させておりますが、昨日、中を見たところ栗を茹でたような色になっておりました。

s-DSCF9661.jpg

食べてみた所、少ししか臭いは感じられず、2週間も熟成しなくても良いような気がしました。
安物の炊飯器ですが、設定により保温が「普通」の温度になったり、「高温」になったりするため熟成が早いのかも知れません。

ただ、周囲に臭いを発散するため、家の中に置くと辛いかも知れません。

なお、ボックスに植えたニンニクは順調に育っており、このまま冬を迎える事になります。


s-DSCF9660.jpg


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

2018/11/21

日記・OB会


この間は同級会を行いましたが、18日の日曜日には「OB会」に出席しました。

s-DSCF9641.jpg

私は10年ぐらいしか在籍しませんでしたが、3割ぐらいの皆さんは同じ地域に住んでおり、現在の会員は100名で56名の人が参加しました。

同じ釜の飯を食った仲間同士ですが、半世紀も過ぎると「顔を見たような」人もおり、言葉をかけると「あー、○○さん」の人もおり、昔話に花が咲きました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村