FC2ブログ
2020/10/07

健康・コロナに脅える日々

アメリカのトランプ大統領がコロナに感染し、テレビは早くも退院したニュースで持ち切りのようです。

ホワイトハウス内での集会でもノーマスク、密集、ハグ等が平気で行われた結果、多くの重要なスタッフも感染されているようで、むしろ感染が遅すぎたくらいでしょう。
まあ、「ご自由に」というところでしょうか。

日本でも9月の連休から二週間が過ぎ、札幌のススキノや自衛隊駐屯地を始め多くの地域でクラスターが発生しているようです。

東京のGO-TOも始まり、2週間後の感染が広まるのか広まらないのか懸念されるところです。

私も全ての友人たちに聞いたわけではありませんが、GO-TOを使った人は殆どいなくて、ただ一人日帰りのブドウ狩り旅行に参加した人がおりましたが、バスは100%の座席を使いちょっと怖い感じがしたそうです。

高齢者ともなれば一つや二つの基礎疾患を持っておりますが、当市の9月の発生者は10人ぐらいでしたが、今月は一人のためお互いに気を付けているのでしょう。
スポンサーサイト



2020/10/06

健康・夏バテ回復剤

今年は猛暑とコロナウイルスからくる心労で、容易に夏バテが回復しない方もあるかと思いますが、私もその一人です。

通常はクロニンニクを作って食べることで疲労回復は出来ても、今年は涼しくなっても身体がダルク、なかなか体調が良くなりませんでした。

そこで、数年前に用いていた「キョーレオピン」の「レオピンファイブ」を買うことにしました。
値段が半分ぐらいの他の種類もありましたが、倍以上の効果があるファイブを買いました。

s-DSCF1267.jpg

店舗でファイブを試飲したところ、「15分後ころには身体がシャンとする」と言われましたが、確かに帰宅した頃にはダルサが少し取れたような気になりました。

エキスをカプセルに入れて飲むわけですが、1カプセル当たり高価になり日に2カプセル服用するので決して安い物ではありませんが、私にとっては体調管理に必要なファイブなのです。

ただ、これはエキスをカプセルに入れて飲むのが面倒で、アリナミンかキューピーコーワの方が良いのかも知れません。
2020/10/05

健康・ある女優の死について

数日前に、ある有名な女優が自死しマスコミを賑わしておりましたが、事情の解らない私などがコメントする立場ではありませんが、一言だけ書いておきます。

階下には乳飲み子を含めた二人の子供がいたのに、自死する直前に頭に浮かばなかったかと言う疑問が無いわけではありませんが、神経の病は罹患した人しかわからず、本人は子供たちのことを思う以上に深刻な病だったのかと思っています。


以降は一般論ですが、今年は猛暑とコロナウイルスにより体調不良の人が多いようです。
私も心配するほど悪いことはありませんが、涼しくなってきたら少し夏の疲れが出てきたようです。

最近のテレビでHSPが問題になっており、ハイリー・センシティブ・パーソンの頭文字を取った言葉で「視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人」のことをいいます。

元々はアメリカの心理学者であるエレイン・N.アーロン博士が1996年に提唱した言葉ですが、現在は、上記のような人のことを指す言葉として使われることが多いです。

HSPの人には、ものごとを深く考える、刺激を受けやすい、感情の面で反応しやすく共感しやすい、かすかな刺激に対する感受性が強いという4つの特徴があり、アーロン博士は、この4つの特徴全てに当てはまる方をHSPであると定義しています。HSPの割合は全人口の15~20%と言われているため、約5人に1人がHSPであると考えられています。

HSPかどうか調べるサイトを紹介しますが、但し、感受性が強いと思われる方にはお勧めしません。


HSPテスト

私がテストをやってみたらスコア41で、HSP度は「弱」でした
2020/09/30

健康・血圧が下がり過ぎたが・・・

暑い日が連続続いたと思ったら、ここ2-3日は急に寒くなり、半そではもちろんのこと、長袖を着ても少々寒い日が続いております。

私は持病のため色々な降圧剤を飲んでも血圧が下がらなかったものも、ある薬のお陰で普通の血圧を維持することができました。
数年前からは初夏から秋口にかけて降圧剤は不要になり、寒い時期だけ降圧剤を飲めば血圧は安定するようになりました。

ところが今年は9月になっても血圧は普通で、特に2-3日の血圧は多くても103ぐらいで低い日は95という低血圧状態になりました。

血圧が低すぎると何もやる気もなくなり、ブログも止めようと考えたほどです。
そこで梅干し等の辛い物を食べたらと考え、買い物に行こうと思いましたが下半身が寒く感じました。

出かける前に薄手のズボン下を履くことにして、再度血圧を測定したら、何と120に上がっておりました。

脹脛は第二の心臓と言わせており、温めることによりポンプの働きが良くなり血圧も正常になったものと考えられます。
この原稿を書いているのは昨日の夕方ですが、何回測定しても120-130をキープしており今のところ一安心です。
2020/09/25

健康・冷え腹か?

昨日は朝から腹がジクジクし、かといって下痢症状でもなく、おそらく冷え腹で前に同じようなことを記憶しており、飲んだ売薬を探したらありました。
しかし、使用期限を確認すると2013.6で切れており、7年前以上に買った薬でした。

s-DSCF1266.jpg

私は少なくても35年以上も風邪を引かず、風邪薬を飲んだり熱を出したり病院で診察を受けたことはありません。
また、下痢や今のところ足・腰が痛くなったこともなく、一見、健康優良ジジイに見えますが私は何回も書いているように5万人に一人しか罹らない真性多血症の患者で40年前後も通院し薬もたくさん服用しています。

現在は安定していますが冬から春に変わる時と、秋から冬になる時に鼻かぜらしき症状になり、最近、鼻水も止まり秋の行事は終わったようです。

横道に逸れましたが私は風呂が嫌いでシャワー派ですが、昨夕に久しぶりに風呂に入り身体を温めましたが効果のほどは解りません。

昨夜は足袋を履いてアンカを弱にして下半身が冷えないように休みましたが、果たして効果は・・・