FC2ブログ
2020/03/14

昔物語・高野山の一コマ

私は何の宗教をも信じない者ですが、以前にもアップしたような気がしますが、高野山は仏教の「ワンダーランド」だと思います。

宗教同士の抗争が絶えない国もあれば、昔の日本もそうであったかも知れませんが日本の宗派は仲が良く、特に高野山では象徴的に感じられます。

高野山は真言宗の山ですが、他の宗派の創始者の墓もあるばかりか、浅野家の墓もあれば敵方の吉良家の墓もあります。

s-001_0021.jpg
浅野家の墓

異様に思えるのは企業の墓がありUCCの墓、ヤクルト、新明和工業の墓などが夫々の特徴を表した墓もあります。

s-001_0040.jpg
UCCの墓

現在は墓石を建てるのが普通ですが、昔は墓石を建てるお金がなかった家は木を植えたそうです。
祖父、祖母、父のための木を植えたところ、大きくなって1本の木に育っている場所を見ると墓石より歴史を感じました。

s-001_0041.jpg
3本が1本になった墓

数十年前に旅行して写したアルバム(DVD)からの転用です。
スポンサーサイト



2020/02/26

昔物語・玄武洞

兵庫県豊岡市はコウノトリで有名ですが、玄武洞ミュージアムがあります。

「玄武洞」とは今から約160万年前に火山が噴火し、マグマの冷却により珍しい石の層が造られたようで、人工的に積み上げたような見事なものです。

ン十年前に、日本三景の天橋立方面に団体旅行した際に立ち寄りました。


s-001_0077.jpg

s-001_0085.jpg

s-001_0084.jpg

s-001_0086.jpg
2019/11/09

昔物語・昔は何でも食べて生き延びた


戦争中は兵隊にするために「産めよ増やせよ」の時代で、私は10人の兄弟姉妹がおり、男女5人ずつで私が上から6人目でしたが、子供時代はそれなりに育ち最初に亡くなった子は48歳の時に末弟でした。

田はモチ米を造る程度しかなく、屋敷周りに畑が多くあったので野菜には不自由しませんでしたが、子供ごころに真っ白い米を食べるのが夢で盆や正月が楽しみでした。
米の代わりに近くの山を焼き、ソバを栽培し常食し、100%のそば粉にツナギはヤマイモという今では最高のソバ定食かもしれません。

私は子どもの頃に嫌になるほどソバを食べてきたので今は食べる気はせず、外食でソバを注文したことはありません。
他にも麦、アワ、ヒエ、キビの今の小鳥のエサや、サツマイモの軸などは貴重な食材でした。

野菜等は充分食べてもタンパク質などは乏しい食事でしたが、物売りのおばさんから塩漬けのサンマや干しニシンやクジラの肉を買って食べたと思います。

近くに猟師さんが住んでおり鹿、クマ、イノシシ、キジ、ヤマドリ、野ウサギの肉を分けてもらい食べたものですが、キツネは食べたことがありません。
タヌキと猿も食べたことはありますが、猿はまずかった気がします。

こうして何でも食べることにより、命を繋いできたのです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/10/12

昔物語・驕れる者久しからず

本日、2回目の投稿を台風の関係で行います。


当時はボーリング場にレストランがあったので、社員食堂も彼らシェフが担当していたので、無料で美味しいものを食べることができました。

また、一定以上の売り上げがあると「金一封」が配られ、年末年始は余分なお年玉を頂戴したし、半分ぐらいに別れて旅行もあり待遇は悪くはありませんでした。

しかし、金の置き場に困るほどは過去の夢物語になり、客も減る一方で給料の遅配の噂も聴こえるようになったころ退職し他の会社に就職しました。

s-06[1]
在りし日の横井邸

s-11[1]
100万円以上のシャンデリア代金は支払われたのか?

後々の話では1階にパチンコ場を作った者の利益にもならず、いつしか閉館になり建物のガラスは破れアスベストの飛散で地域の抗議を受け、何年後かにはとりこわされております。
現在は土盛りをしてありますかが何処が税金滞納で札押さえられ、今は何処が所有している土地かも分かりません。


s-DSCF0370.jpg
解体後の土盛り


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
2019/10/11

昔物語・年末年始は混乱状態

ボーリングブームで240レーンのナゴヤトーヨーボールは、記録によると昭和45年に建設されたようで、屋上に取り付けたキセノン回転灯が点灯された夜は、遠く名古屋以降から「何があったのか?」と車で駆け付けた人が多かったようです。

当時は24時間オープンで年末年始はボーリング場まで車が数百メートルも列をつくり、ボーリング場へ着いても何時間待つ状態でした。

場内には自販機が10数台設置してありましたが、中身の詰め替えはフロント係の担当でも人が足らないため副支配人の要請により設備担当が応援することになりました。
我々も飲み物は自由に飲んでも良いと約束をし、詰め替えの時には冷えた飲料水を取り出して飲んだりしましたが、台車にコーラ等を入れて運ぶ作業も大変でした。

横井から場内の室温を上げれば飲み物が売れるからと指示があり、室温は多少高めに設定したことがあります。

年末年始になると銀行が休みのため売上金は場内で保管することになり、金庫が一杯になると電話交換室に置き、そこにも置けなくなると事務所内のタイムカード付近にペーパーバックに入れて野積状態に置き、その時はお金の価値の無ささを感じました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村