FC2ブログ
2020/06/06

日記・①尾張平野は木曽川が造った「堆積平野」

防災の観点から私が住んでいる土地の成り立ちや、現状について書いてみたいと思いますが長編になります。

愛知、岐阜、三重の境には木曽川、長良川、揖斐川の一級河川が流れており、これを『木曽三川』と呼ばれております。

尾張平野は今から1-2万年前に犬山城や明治村がある犬山市付近までは海で、木曽川から流れ込んだ土砂が蓄積して作られた「堆積平野」で、私が住むマンション付近は「堆積平野に盛り土」で地盤は軟弱です。
従って当マンションには、50-60mの杭が何本も打ち込まれ建物を支えているのです。

江戸時代の中期には『宝暦治水事件』といって、江戸幕府は薩摩藩を弱体化するために、木曽川・長良川・揖斐川の治水事業(宝暦治水)の工事を命じ、工事中に薩摩藩士51名自害、33名が病死し、工事完了後に薩摩藩総指揮の家老・平田靱負も自害した歴史があり、今でも春には鹿児島から代表者が木曽三川(岐阜県)に集まり供養祭が行われています。

s-houreki[1]
昔の木曽・長良・揖斐川

名古屋市の御園座で森繁久弥主演の『孤愁の岸』という宝暦治水事を扱った舞台公演がありましたが、御園座は2日ぐらい前になるとチケットの売れ残りが解り、空席では演者に申し訳ないらしく出入り業者にチケットを無料で配布し席を満杯にするのです。

その出入り業者と私は懇意にしていたため、前日ぐらいにチケットを渡してくれるため、会社には男子寮の点検に行くとか色々な理由を付けて芝居見物に出かけたものです。
当時はポケットベルがあり、自由外出することができ森繁久弥の『孤愁の岸』には感動したものです。
スポンサーサイト



2020/06/05

日記・コロナ予防ワクチン、来年1月の供給目指す…塩野義

本日、2回目の投稿です。


世界ではコロナ予防ワクチンは100種類以上研究されており、アメリカと中国が一歩先んじていると言われております。

しかし、昨日の塩野義製薬の会見では、国立感染症研究所などと連携し、昆虫細胞などを用いて抗原となるタンパク質を作製する手法でワクチンの開発を進めているおり、今年7月後半から試験用ワクチンの製造に着手し、年内に臨床試験を始める計画と発表しました。

まず医療従事者などを対象に、2021年1月の供給開始を目指し、生産体制を拡充し21年秋頃には一般向けにも供給を始めたい考えのようです。

外国で開発されても日本で容易に使えるわけではなく、どうしても日本製のワクチンが必要で完成が期待されます。

2020/06/05

日記・ニンニクを収穫しました

大小3個のプランターで超密植で育てたタマネギを収穫しました。
まあまあの出来栄えで、干してから処理しようと思います。


s-DSCF1022.jpg

ところが、家庭菜園をやっている友人にも多くのニンニクを頂戴し、洗って干しています。

s-DSCF1020.jpg

色々な健康食品があると言われておりますが、私は自分で食べ・飲んでみて良いか悪いかを判断します。

黒ニンニクにして日に3粒ほど食べると、梅雨時から秋ごろにかけての身体のダルさが解消されるし、青汁はスムーズな便通に良いと思いますが、あくまでも個人的な体験です。

2020/06/04

日記・野球選手は上級国民か?

本日、2回目の投稿です。
巨人軍の有力選手がコロナウイルスの陽性になったと騒がれています。

しかし、抗体検査は巨人軍関係者の希望者220人や、ソフトバンクの200人の検査が行われたようで、野球機構が独自に検査器具を所有しており検査をしたのかと思っていたら、一般の医療機関で検査を行ったようです。


なぜ?

野球選手は上級国民で特権があり、何かの力が働いて優先的に検査が行われたとすると、国民の一人として怒りを覚えます。

プロ野球は毎年試合があり、一生に一回だけ甲子園を目指す高校生は無視され、なぜ、プロ野球関係者だけ優先されるのでしょうか。

こんなことが許されるなら、サッカー、バスケ等色々なスポーツ団体関係者が優先されますが、表向きは友人と食事しただけと報道されておりますが、私は夜の盛り場へ行って陽性になったと邪推しています。


2020/06/04

日記・何事も賛成者50%、反対者50%と思えば良い

「テラスハウス」の出演者だった女子プロレスラー木村花さんが23日に若い命をなくし大きな話題となっています。
彼女は自殺の原因とされておりますが、番組内での振る舞いを巡るネット上での中傷だったようで、改めてSNSによる誹謗、中傷が問題になっています。

外国でも同じようなことが発生しており、韓国では「指先殺人」とも言われていますが、何ともやりきれない問題で、気軽にSNSに書いたことが人の命まで奪うことは新しいツールが現れたことにより、昔では想像出来なかった事件が起きています。

クレームが来るような番組を企画するテレビ局には大きな問題があり、発言の自由とは言え悪質な投稿のチェックが出来ないことは問題で、政府等が介入すると検閲になってしまうため、SNSのチェックするとかの業者間の自主規制が必要でしょう。

それと仕事とはいえ、中傷や非難がありそうな番組には出演を控えて防衛することもも考える必要があるでしょう。
「逃げるは恥」ではなく、「逃げるが勝ち」が身を守る術であることを知って欲しいと思います。

一定の年代になると幾多の理不尽な社会を潜り抜けてズル賢くなり、私はどんなことにでも賛成者50%、反対者50%存在しすると考え、最後は自分が決めるという考えを持つことが必要かと思います。