FC2ブログ
2021/02/25

日記・「紅白歌合戦」と女性蔑視

私は紅白を始め歌番組のテレビを観ないので、今、どんな歌手がどんな歌を歌っているか全く知りません。

最近はオリ・パラの元会長が女性蔑視の発言により、日本はもとより世界中で話題になっているようです。

そこで、数日前は雨のため予定の遊びも中止になったので、NHKの紅白歌合戦は「女性蔑視」について、どのように扱っていたかYouTubeから調べて見ました。

全部を調べたわけではありませんが、演歌らしきを歌った次の人の歌詞をチェックしたのです。

坂本冬美(ブッタのように死んだ)
天童よしみ(あんたに逢えたら)
鈴木雅之(夢であえたら)
五木ひろし(山河)
石川さゆり(天城越え)
三山ひろし(北のおんな町)


演歌と言えば酒、女、恋、別れなどの文言が入っており、昔の演歌は女性蔑視が主流でしたが、昨年末は1曲を除いて昔人間が聞くと気の抜けたような歌詞ばかりでした。

1曲は坂本冬美が歌った「ブッタのように死んだ」は、今までには無かった歌詞には驚かされました。

「ちょい悪の男を愛していたが邪魔になり殺され、土の中に埋められた」のストーリーで、歌を聞いているとサスペンスドラマを観ているようで、しかも「ブッタのように死んだ」のように仏を絡ませ、昨今はコロナ禍で自殺者が多い中でNHKが良く選んで放送したと感心しました。

この間、TSUTAYAに出かけた時にCD売り場を除いたら、「ブッタのように死んだ」が多く並んでおりました。

当然、この歌を紅白に取り上げたことは賛否の意見があるようですが、昔のような演歌が少なくなることに寂しさを感じますが、これも時代の流れでしょうが、懐かしむのは「蔑視派」の一人なのでしょうか。

スポンサーサイト



2021/02/24

日記・『お前はアホか』

菅首相の長男が勤める放送事業会社から接待を受け、国家公務員倫理法・規程に違反する疑いがある接待は延べ38件になっていると知り、ただ、ただ驚くばかりです。

しかも録音した証拠が出されるまでは、「接待を受けたことはない」「記憶がない」と白を切り、会話が録音されたテープが公開されると「違反とは思わなかった」と言い訳をし、某タレントの持ちネタのように『お前はアホか』と指摘したいほどです。

最近は女性のリーダーを多くの声がある中で、総務審議官だった山田真貴子内閣広報官が数万円の接待を受けていたことも判明し、これでは従来のオッサン達と同様で、女性の進出にブレーキがかかることがないのでしょうか。

谷脇康彦総務審議官ら、すでに接待が明らかになっている幹部4人については、新たに7件の接待が発覚。最も接待額が多かったのは、4回にわたる会食で飲食代やタクシー券、手土産など計約11万8千円の接待を受けた輩もいたことに『お前はアホか』と問いたいものですが、まだまだ出ているようです。

タダ飯を食ったり、タダ酒を飲みたかったら公務員になるのではなく、民間会社に就職すれば、そうしたチャンスもありますが、何のために一流大学を出て公務員になったのか聞いてみたいものです。

単なる降格処分竹でなく接待された豪華な食事と違い、『臭いメシ』を食って貰う法律はないのか不思議な国ニッポンです。
2021/02/23

日記・ワクチン接種の順序

今日もコロナワクチン接種の話題です。

河野太郎ワクチン担当相は新型コロナウイルスワクチンに関し、4月中に予定する65歳以上の高齢者への接種は地域や年齢が限定されるとの見通しを示したようです。
また、3週間後に2回目の接種をやめ、1回にすることも検討しているのです。

65歳以上の高齢者は人口の27.7%を占め3500万人以上にワクチンの確保と接種は大変な仕事になるため100歳以上から始め、次に90歳以上、80歳以上と年齢別に分けて通知し接種を行う方法を考えているようです。

これは、すでに横浜市が年齢別に予定し、80歳以上は3月下旬に通知し、75歳以上は4 月上旬に通知し、接種も分けて行う計画のようです。


横浜市の計画

問題はワクチンが日本の希望通り輸入することができず、接種計画は益々遅れてしまう懸念があります。

イギリスの「アストラゼネカ」は日本の兵庫県芦屋市に本社を置く製薬会社JCRファーマが委託生産を行い、9000万回(4500万人)分を国内で製造しますが、出荷は5月頃の予定です。

ファイザーはベルギーたけで生産されており、近くドイツでも生産するようですが、日本でも生産することが出来ないのでしょうか。
2021/02/22

日記・コロナワクチン接種の「説明書」や「予診票」とは

コロナワクチン接種は医療従事者に続いて、4月からは65歳以上の高齢者が対象になりますが、ワクチンの到着が遅れるかも知れません。

しかし、何れ日本でも接種が行われるので、高齢者だけでなく接種対象者が事前に色々な知識を得ておくと便利かと思い厚生労働省のサイトを紹介します。

ここには、『新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材』の中に知っておくと良いものがあったので、グラウンド・ゴルフ仲間に会費を使用しコピーして近日中に配布することにしています。

①予診票
お住まいの役所から送付されてくる「予診票」や「接種券」(クーポン券)の見本で、予め、かかりつけ医に見解を聞いておく欄もあります。
なお、予診票に接種券を貼ることになっておりますが、接種が終わったら予診票は医師側に接種券は持ち帰り、2回目の接種に必要のため紛失しないようにしてください。

②新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製)
細かいことが書いてありますが、一通り読んでおくと良いと思います。

③新型コロナワクチンを受けた後の注意点(ファイザー社製)
接種後の注意点が書いてありますが、接種後も2回目の接種後の抗体が出来るまで、マスクや手洗いが必要です。

その他にも「血をサラサラにする薬を飲まれている方へ」の説明書もあり、私も服用しておりますが、抗血小板薬のため普通に接種が可能ですか、抗凝固薬を服用の方は担当医と相談しアドバイスを受けることも安心材料でしょう。

下の「厚労省」を開くと上記の資料があり、拡大して見て下さい。
コピーなどしてご家族や友人等にも知らせてあげると喜ばれると思います。


厚労省
2021/02/21

日記・ワクチン接種による健康被害救済について

コロナウイルスに感染して逝ってしまえば、それも運命ですが、万一、厳しい後遺症で苦しめられることになると最悪です。

ワクチン接種の健康被害の救済制度について田村憲久厚生労働相は衆院予算委で、死亡の場合は一時金として遺族に4420万円が支払われると説明しました。

死亡時の一時金は、医療機関の過失の有無にかかわらず支払われ、葬祭料として20万9千円、日常生活全般で介護が必要になる1級の障害が生じた場合、年額で505万6800円を支給するそうです。

私はコロナに罹ることは心配ですが、それよりも重い後遺症にならないかと懸念しています。
以前からコロナワクチンの接種は一日も早く実施したい側で、コロナで亡くなっても犬死で、ワクチン接種で亡くなることはないと思いますが、万一の場合でも国の救済制度があることは安心して接種を行うことが出来ます。


それよりもコロナに感染しないように最大に注意しており、買い物や喫茶店でも入店時にアルコール消毒と、帰りにも必ず行いますが、手が荒れると言う人もおりますが、私は全く荒れません。

そして、外出時は手袋をしてエレベータのボタンやドアの取っ手対策です。
手袋は3組ほど用意し三日毎のローテイションで取り替えており、正しく恐れるようにしています。